1週間から始められる東京スター銀行の定期預金

1週間から始められる東京スター銀行の定期預金

最近では、定期預金に関しての消極的な話がよく出るかもしれません。 たしかに、昔に比べると金利も下がり、いまでは普通預金との差別化を図る要素が少ないと感じる方も多いかもしれません。 しかしながら、金利の面での魅力というよりも、お金を使わないために定期預金をしておくという発想もあるでしょう。

いずれにしても、定期預金比較の際に、ポイントとなるところを見極めて、それに応じてどこに預けるかを決定することになるでしょう。 現在のところ、やはり低金利の状態が続いているので、定期預金という分類で、国内の状況をみると、けっして売れている金融商品とは言えません。 しかしながら、そのような状況にあっても選ばれている商品もたしかに存在します。

たとえば、東京スター銀行の1週間定期預金には、申込者がよく集まっています。 1週間で定期になるのだろうかと思われるかもしれません。 しかしながら、定期預金の定義はしっかりと守っています。 1週間預け入れるだけなのに、普通預金よりも優遇された金利を得ることができます。

定期預金に関しては、万が一の事態が発生して、途中解約してしまうと、 結局損をしてしまうというイメージから、一歩踏み出すことをためらう方もあるかもしれませんが、 このような短い期間、つまり1週間であれば安心して契約することができるという方も多いのではないでしょうか。

このように、とくに定期預金を行なったことのない方には、まず1週間で試してみて、その後につなげていくこともできるでしょう。 このような1週間定期は、自動的に更新されるため、預けておけばずっと利息が付きます。

しかし、1年とかそれ以上の単位でずっと預け入れをしておくことを考えるならば、 長期間にわたる定期預金では、もっと優遇された金利で契約することもできますので、そちらの方に切り替えた方が良いかもしれません。 とにかく、不測の事態があってもすぐに引き出すことができ、しかも金利は優遇されているというところに魅力を感じ、 東京スターに新規で口座を開設する方が多いようです。

このサービスは非常に斬新で、それまでは1か月の定期でも珍しく、定期預金比較してみても最短では新生銀行の2週間でした。 東京スター銀行では、10万円から1円単位でこの定期にすることができます。 普通口座で10万円まで行ったら、即定期預金にするというのも良いでしょう。